• 2019年6月3日
  • 2019年6月3日

「の」の字の事実

先日の記事でも「の本叮叮」の「の」って何? と書きましたが、夫から衝撃(?)の事実を聞きました。 最近よく、カフェとかパン屋の名前の中に「の」を見る機会が増えました。 例えば、「本宮手作の糕点店」とか「恋の客饮品店」とか…。 (なんでいきなり「の」なのかな?デザイン?西洋人が刺青に漢字を使う感覚?? […]

  • 2019年6月1日
  • 2019年6月24日

化学薬品に敏感な世の中になってきたのはいいけど、それ以前に気になることがあります。

そろそろ蚊に悩まされる時期です。 奴らはクーラーが発動する頃になると一気に増えて私たちに攻撃を仕掛けてきます。 日中飛んでいれば地獄まで追いかけて殺すところですが、 なぜか奴らも日中はあまり現れず、夜中に限って耳元にあの不快な音がやってきます。 なので毎年この時期は枕元にコンセント差し込み式の蚊除け […]

  • 2019年5月31日
  • 2019年5月31日

日本人が全員カリスマ美容師なわけないよね

美容院には年に2、3回しか行かない私。 ロングヘアーだった頃は、 それこそ1年に一回ぐらいのペースで髪を中途半端に染めたりしていたから、 実家に帰る度に母には 「中国人になっていくわ…。」 と汚い髪の毛の私を見て嘆かれていました。 それから一気にショートにしたので、 流石にロングヘアー時代よりは 手 […]

  • 2019年5月29日

そうねだいたいね、6時。〜コグスワースも楽じゃない〜

大好きな彼に、美味しいコーヒーと朝食を…、 なんて新婚当初からするつもりもなかったロマンのない私ですが。 携帯アラームで起き、眠い目をこすりながらも、 とりあえずコーヒーの準備をする…、ぐらいの日常は想像していました。 しかし何故か最近になって、というかここ2、3年ほど、(吹き出しの字が汚くてごめん […]

  • 2019年5月27日

ピンインとカナ読み、それぞれ発音しやすい音がきっとある。

中国に来てもう4年になる私、全く発音に進化が見られません。 (よく雑誌とかに、異文化を受け入れる心がないから話せないんだ、と 書いてあったりするのですが、そうゆう記事を読むたび個人的に心が痛む…。) タクシーに乗った時も、私が何度言っても通じないのに、 やっぱり夫や知り合いが言うとすんなり通じます。 […]

  • 2019年5月26日
  • 2019年5月26日

果物の値段上がってないか??

日本に比べると、(甘みや質も…、)安い果物。 こっちにきて格段に食べる頻度が増えました。 (今は糖質制限中なので控えていますが…。) 前までは野菜同様量り売りが当たり前で、 腐って廃棄される量も半端なかったと思いますが、 最近では日本のようにもう袋詰めされて販売している店も出てきて、 色々と中国でも […]

  • 2019年5月24日
  • 2019年5月24日

中国で漂白されていないくるみを買う

くるみが大好きな私。 大昔、友人の家でひたすらくるみを食い続けて 友人の母親に止められるほどくるみ大好き。 ナッツ類全般大好きですが、くるみはその中でも特に好きです。 ナッツは健康にもいいし!(糖質制限中にもオスス…、) 中国にはナッツ類は沢山売ってます。 アーモンド、ピーナッツ、カシューナッツ…、 […]

  • 2019年5月23日
  • 2019年5月23日

「ロス OR ダーイ(死)」賞味期限をなめきっていた話

私の祖母は、カビのはえた白米を水で洗って食べるぐらい、 食べ物を粗末にすると怒る人でした。(記憶にある限りでは) 年代的にも食べ物を大切にする思いが現代人よりも強い、 と言うのもありますが…。 もちろん、私だって食べ物を粗末にして生きている訳ではありません。 (食品ロスが問題になる時代でもありますし […]

  • 2019年5月22日
  • 2019年5月22日

糖質制限と火鍋の関係

絶賛糖質制限ダイエット中の私…。 結婚を言い訳にするつもりではありませんが、 結婚してから、14キロ(ピーク時)太りました。 私のMAX体重は小学6年生の時なのですが、そこはまだ超えていません。笑 去年は一念発起して近所にあるジムに、 なけなしのへそくりから、年会費5500元を払って通いました。(大 […]

  • 2019年5月21日
  • 2019年5月21日

スーパーのネタが多いのは、スーパーぐらいしか行かないから

絶賛ブログの更新が大変になってきたので、 (最近の更新が適当なことで察していただけると思いますが…) もう一度初心を思い出して、ちゃんと集中しようと思います。 全く関係ないですが、大相撲今場所は、栃ノ心の活躍が素晴らしいですね!! 勝ち越しおめでとうございます〜。 夫の影響で、相撲を見るのが楽しくな […]