柳の妖精ポワポワが街に舞い散る季節

毎年戦々恐々とするこの季節。
奴らがやってきました。

「ポワポワさん」

北京春の柳の綿毛

異常気象かと疑うほど、
春なのに雪でも降ったのかと疑うほど、
合成写真かと疑うほど、、、!!

街にあふれるこの狂喜乱舞なポワポワたち!!!

4月の中旬以降から北京市内にも降り積もる予報。
「杨柳絮飘飞予報(柳の綿毛乱舞予報)」が発信されるほど、北京の人々を悩ませます。

北京市では2000年ごろから飛び始めたらしいこの綿毛(種子)、
原因となる柳の木は1960、70年代に植えられたものが成長ピークに達したものらしく…。(うぅ…。)

市内の都市化が進み、地面がコンクリート化したため、風で舞い踊り公害化にまで発展したと思われるそう…。

今のところ国も綿毛対策をしているとはいえ、効果が出るのは数年後かそれよりずっと先になるでしょう…。
まあ自然に対抗しようとすれば、時間はかかりますよね!

勿論、鼻や口で吸いこむので、外出時にマスクは必須です。

ポワポワが去れば、暑い夏もすぐそこですね。