14日間プラス7日間イコール21日間の拘束

拘束期間延長の要請

更に厳しくなってきました。

海外からの流入が危険とされてしまい、
現在隔離されている人も含め、14日間の隔離期間終了後、
7日間の自宅待機を要請するものです。

上海などの南の方は最近ゆるくなってきた印象でしたが、
依然として北京は厳戒態勢です。

まあこのご時世、わざわざ中国(特に北京)に来たい人は
ほとんどいないと思いますが・・・。

住んでいる外国人としては、色々足かせが増えてくると、
なんだかんだ不安になってしまいますね。

とはいうものの、これを書いている4月20日現在、
街中の緊張感はどんどん解放されており、
デパートも人で賑わうようになってきております。