昆明行ってきた!(パート3〜昆明って何が美味しいの??〜)1泊2日弾丸昆明観光

昆明行ってきた!(パート1)→序章

昆明行ってきた!(パート2)→空港から市内までの移動手段

更新が滞っていますが、私はまだまだ続けていきます。どうもkoblyです。
今回の記事は昆明で食べたご飯についてです。しばしお付き合いくださいませ。

さて、無事夫とホテルで合流し、
ちんたら移動していたら時間はもう既に15時ごろを回っていました。

なんだかんだお腹も空いてるし、街探索も兼ねて、ご飯屋さんを探すことに。

ホテルの朝食で、名物の「米粉(ミーフェン)」(米粉を使った麺)を2杯も食べたという夫を無視して、
「米粉食べたい!米粉食べたい!」といきり立ちながら、モバイクを走らせました。

米粉を食べるために自転車で観光

私たちが入った店は、老舗のチェーン店みたいだったらしく、
可もなく不可もなく、オーソドックスな米粉でした。
(米粉自体、すごい美味しい!!って差が出るのかは謎だけど・・・。)

一番安い30元ぐらいのセットを頼んだからでしょうか、
通常石鍋とかを器にして冷めないよう配慮してあるらしいけど、
普通の陶器にスープが入れられて激アツな形で運ばれてきました。
(それを素手で持ってきた店員さんがスゴイけど・・・。)

昼食が遅めの時間だったため、夕飯は夜遅くなりました。
移動で疲れていたし、もうコンビニでいいよと投げやりになっていた私に、
夫は「美味しい屋台を紹介してもらったから!!」
と意気揚々と連れて行ってくれました。

真夜中の昆明屋台食堂
真夜中の昆明の人気屋台食堂

想像以上にローカルな路地裏にあって、大丈夫か?と
心配になったのですが、夜遅くにもかかわらず、その店だけ満員でした。

夫の会社の後輩の人が取引先の地元人に教えてもらったそうで、
とっても美味しかったです!(笑)

知る人ぞ知る、美味しい街の食堂って感じです。

なんてことない普通の料理なんだけど、すごく美味しいんです、料理人が上手なんですねきっと。
物凄い火力でチャーハン作るので、パラッパらで本当美味しい。
牛ひき肉とミントの炒め物が私のお気に入りです。

値段はご飯とスープ付き+おかず1品で15〜20元ぐらいだったと思います。

おかずが値段の割にちょっと量が少ないかな〜、なんて夫に言ったら、
「お前、金銭感覚までローカルになってるな・・・、十分お得だろうよ」
と、バッサリと切り捨てられたので、黙って完食しました。

ちなみに、翌日の昼も同じお店で食事を済まし、昆明の思い出の味はこの食堂の味となりました。

昆明シリーズまだまだ続きます!笑
次回は昆明巨大市場へ観光の巻(ラストかな?)→