昆明行ってきた!(パート2〜最近の交通費は全てWechatで完結。〜)1泊2日弾丸昆明観光

昆明行ってきた!(パート1〜序章〜)1泊2日弾丸昆明観光

昆明長水空港に着いた私。

昆明で地下鉄に乗る1
昆明で地下鉄に乗る2

夫は出張で昆明に先に着いていたため、
現地ホテルで待ち合わせることになっていました。

無事昆明に到着し、市内までタクシーで30分程度と教えられてはいたのですが、
次いつ来るかわからない昆明、現地の電車に乗って街並みを眺めたい!!
(地下鉄だったと気づいたのは乗った後の事・・・。)

と、(心の中では)鼻息荒く地下鉄乗り場に行った私。
チケットを買うまでは結構緊張していたのですが、Wechat経由で簡単に乗り込めました。

それぞれの都市によって交通カードは違うため、
もちろん北京のカードは利用できません。
(最近では北京も全てモバイルアプリ決済で通れるようですが。)

1回しか乗らない電車にわざわざ交通カード買うのもな〜、
でも昆明のチケット売り場でつたない中国語で揉めるのも嫌だな〜、
なんて色々一人で考えていた私には大分拍子抜けでした。
(たかだか電車に乗るぐらいでいちいち大げさですね。)

目的地の改札を出れば、自動的にチケット代はWechatから引き落とされます。
ちなみに駅から市内まで地下鉄で5元でした。

地下鉄で景色見れないじゃん!と思っていましたが、
出発して最初の方は少し見れました。笑

建設途中で放棄されたであろう高速道路や、釣り堀なんかが結構多く、
あと採石場?のような場所も結構あった気がしました。
また歴史小説なんか調べて探して読んでみようかなと思います。

※これは両親が来た時にも感じた事なのですが、
今の中国は完全に支払いがアリペイかWechatのケースが多いです(100%どこでもカバーされてるのでは?)
中国に旅行に来る際は、Wechatアプリをダウンロードして、
そこにいくらか入れてくるのがいいかもしれません、とゆうかそれがベストでは?

以前羽田で、Wechatにチャージできる機械を見つけたことがありますが、
チャージする方法は多分色々あるのでしょう。

とまあ、今回は昆明旅の記事なので、
支払い事情に関しては気が向いたら別の記事でまとめてみようと思います。

次回は食べ物の話し、節約したので派手なものは出てきません。