灼熱の長城へ、これで無事なら今年の夏は大丈夫。(両親が北京にやってきた!!3日目〜最終章)

両親が北京にやってきたシリーズを最初から見る

3泊4日の旅も十分に動けるのは3日目でラスト。
(4日目は早朝便なので、そのまま空港へ直行。)

最終日はやはり世界遺産の長城でしょ!ってことで、
ハイヤーを借りきって行ってきました・・・。

真夏に万里の長城へ観光01
真夏に万里の長城へ02
真夏の万里の長城へ03

登った時の感動は、やっぱり素晴らしかったです。
でも、私自身も夏の長城をなめてました。

1年分の汗をかき、もう死ぬかも・・・。
って思うぐらい汗腺を酷使しました。

後半、母親の口数は減り、途中から気配が消えていました。(南無三!)
(フラッとトイレに行かれて消えた時は、マジでどっかで倒れてるんじゃないかと気が木じゃなかったです。)

夫は「八達嶺」長城にしか行ったことがなく、
今回の「慕田峪」はロープウェイ代やらバス代やらで、一人200元ぐらいかかったんだけど、
ありえない高すぎると、ちょっと悔しそうにしていました。

しかし夏休みシーズンで渋滞を考えたら、
今回の「慕田峪」までは比較的空いていたので、
少しぐらいの出費は仕方ないと思いました。
(実際その日の「八達嶺」方面はマジでやばかったらしいので・・・。)

帰りの車はもちろん全員爆睡。
朝の7時ごろに出発して、昼の14時過ぎには帰ってこれたので、
午後はゆっくりとでき、体力的にもいいスケジュールとなりました。

秋とかオフシーズンだったら「八達嶺」の方が近くていいかもしれません。

最終日は火鍋を食べて、満足そうに翌日両親は帰って行きました。
よかったよかった。

大分省略した部分もありますが、
この夏の親孝行(?)は無事終了したのでした。

「両親が北京にやってきた!!」シリーズはやっとこさ一旦終了です。
ありがとうございました。

今回行った「慕田峪」長城(Googleマップ)↓