【中央美術学院美術館】レアンドロ・エルリッヒ(雷安徳罗・埃利希)期間展示に行ってきた。

久々に美術館らしい美術館に行ってきました。
磯崎新設計の美術館、中央美術学院美術館。

日本でも金沢21世紀美術館や森美術館でもおなじみの、レアンドロ・エルリッヒ
体感型現代アートって感じなので、夫も飽きずにみられるだろうと思い、いざ出発。

当日、外に出かける日に限って真夏日、前日まで曇っててそこまで暑くなかったのに…。

最寄駅から自電車で10分ぐらいです。木陰が涼しい〜。

中央美術学院美術館

お昼の12時ごろ行ったんですけれど、結構人がいました。
こんなクソ暑い日に、人なんているのか?と疑っていたけれど、
若い子が結構入っていて、正直意外でした。

みんなこ綺麗な格好して写真を撮ってたけど、
チケット代だってそこまで安くないし、(二人で170元ぐらい)
都心部だけだとしても、北京も豊かになったんだなと思いました。

レアンドロエルリッヒ展その1

美術館は空調もきちんときいていてとっても過ごしやすい。(涼しぃ〜)
展作品は視覚の錯覚を利用したものなど、見ていてどれも楽しかったです。

超バリアフリー設計だなと感心したのですが、
階段とエレベーター以外に目立つ大きな幅広のスロープで最上階まで上がることができて、
車椅子やベビーカーでも楽々と館内を周ることができます。

(なぜかその何の変哲も無いスロープが若者の写真スポットになっていたのですが・・・。)

レアンドロエルリッヒ展その2

一個残念だったのが、ミュージアムショップ大好きの私としては、
企画展示のラインナップが マジでクソ 少なかったことです。

トートバックみたいなのあれば買うぞ!と意気込んでた夫も、
しょんぼりして帰路についていました。

私たちがちょうど見終わった頃に、小学生の社会科見学団体がぶわぁぁーーーっと入場してきて、
入口がちょっとしたカオスになっていました。

それを見てすごすごと退場。
たまに美術館行くのも楽しいですね。

9月以降の展示でも面白いのがあれば・・・と思ったけれど、
大型展示企画はなさそうなので、また足は遠のくでしょう・・・。

美術館の場所はこちら(Googleマップ)