中国渡航までの道のり〜日本での準備(2021年8月)【成田空港】〜

登場前の最重要関門

さて、無事(3万円もかけて)グリーンコードを取得し、スマホを握りしめて成田空港に到着です。
航空券予約、青島→北京を選んだ理由→https://asian-life.net/2021/09/01/
渡航前のPCR検査→https://asian-life.net/2021/09/04/

事前にオンラインチェックインはしていたけれど、
搭乗券発行や、中国税関出入国健康申告などもあって、
全員同じようにビジネスとエコノミーに分かれてチェックインカウンターに並びました。

取得したグリーンコードを提示し、中国での連絡先を書く紙を渡され記入しました。

中国税関出入国健康申告は、グリーンコードと同じように、QRコードから申請します。
(申告完了画面の有効期間が24時間なので、前日などあまり早く取りすぎると
飛行機が遅延した時に困るかもしれないです、申告は空港についてからゆっくりでOKだと思います。)

チェックイン後は、いつも通りの荷物検査と出国審査手続きです。
日本人の場合は自動なのですぐに終わります。

その日は飛行機も遅れることなく定刻通り出発、青島に無事到着しました。

機内では、

・外国人入国カード
・健康同意書(informed consent sampling)
・新型コロナ肺炎拡大防止対策用旅行者引き継ぎ表

の3種類の用紙を渡され、それぞれ記入しました。
(一部分かりにくい箇所の記載が不安でしたが、大丈夫でした・・・。)

着陸後も、前方から10人ずつ順番に案内される為、
後ろの席にいる人は出るまで1時間半とかかかるかもしれないです。
(なるべく前の座席の予約をお勧めします。)

そんな感じで、時間はかかれど手慣れた空港スタッフに案内され、ようやく青島に降り立つことができました。

はじめての青島・・・出来ればもっと違う形で来たかった…!涙