思い立ったが吉日生活シリーズ。パンダを見に「北京動物園」へ行ってきた。【パート2】

パンダ以外の動物達

パンダゾーンの話し→

さて、昨日に引き続き「北京動物園」です。

パンダを見て満足した私は、園内一番奥にある水族館を目指して、
広い園内をひたすら直進します。

※・・・・調べたら222エーカーぐらいあるそうですが、
プーさんの100エーカーの森の倍、東京ドーム17個分ぐらい?かな。

巨大な猿山を見たり、
ひたすらぐるぐる回る狼を眺めて切なくなったり、
ミーアキャットが立つまでひたすら眺めていたり、
迷ってカバゾーンを2周したり。
久々の動物園を満喫しました。

途中「熊ゾーン」に人だかりが出来ていたので覗いてみると、
普通にみんな自前のりんごやバナナを、熊に投げてあげていました。
(中国人もおやつにリンゴとか果物をみんなよく自分で持ってくるので)

そのおかげで熊がすごい近くまで寄ってきて、
立ち上がって可愛く頂戴ポーズまでしていました。
熊って立つと本当に大きいんですね!!
動物園で見てもちょっと怖いのに、自然界で遭遇したら恐怖で動けなくなりそう・・・。

なんだかんだテンポよく移動していたつもりでしたが、
水族館にたどり着くまで2時間ぐらいかかりました。

ちなみに心配していたトイレは、
想像してたより綺麗で使いやすかったです。紙はないので自分で。
(定期的に最低限のリフォームはしているのかな?)

飲み物やお菓子などが買える小さい売店も
広い園内にいくつもあり、喉が乾いたらすぐ買えるようになっています。

ただ、園内のレストランはメニューが微妙だと思うので、
事前にコンビニで軽食は買って行ったほうがいいかも・・・。