男たちの小さな駆け引きパート2

何とかして安くしたい、高く売りたい、当たり前です。

かなり前に、果物をめぐる3元の小さな駆け引きの話をしましたが。
「男たちの小さな駆け引き」

先日久々に夫のご贔屓にしているお店へ買い物に付き合ったところ、
気になる服が見つかった様子の夫が一言。

夫「さっき300元だったんだけど・・・、ちょっと、店員にもう一度いくらか聞いてくれる?」

何で??

「顔馴染みが聞くより安くしてくれる可能性があるから。最近俺が言っても安くしてくれないんだよね」

とのことで、
断然私は、中国語話せないから逆に高くふっかけられると思っている派なのですが。

実際聞いたら300元→240元になりました。(もちろん安くしてって言ったけど!)

これに気を良くしたのか、値切りを私にさせようとするようになったので、
あまり一緒にそのお店には行きたくありません。笑